消防士に筋肉は必要なのか!?筋肉ムキムキの人ばかりなのかご紹介!

消防士と聞くとどんなイメージを抱きますか?

いろいろ思い浮かんでくると思います。

例えば安定している、きつそう、給料良さそう、休みが多そうなど様々だと思います。

わたしは消防士は筋肉ムキムキなイメージが勝手にありました(笑)

そこで今回は消防士は筋肉ムキムキな人ばかりなのかや、そもそも筋肉は必要なのかについて

4年間消防士として働いてきたわたしがお話します^^

消防士は筋肉が必要なのか?

消防士は死と隣り合わせの現場もあります。

勾配がきつい山で遭難して助けを求める人。

火事で家が燃えていてその家の中から助けを求める人。

このほかにも危険な現場が多くあります。

消防士の仕事内容は様々ありますが、もちろん「人を救助する!」という大事な業務があります。

助ける側の消防士はまず自分の身を守らなければなりません。

そのためには体力・筋力はやはり必要になってきます!

まず自分を守る、そして助けを求めている人を助ける。

そして、助けを求めている人を安心させるためにも、やはり体力や筋力が必要になってきますよね。

ということは消防士はしっかりと身体を鍛えなければいけません。

勤務の日は毎日筋トレしているの?

そうなると毎日、勤務中に筋トレしているのかも気になりますよね。

答えは・・・

NOです!!!!

しかし、若手消防士は毎日、勤務中でもしていると思われます。

年を取った上司はトレーニングをしない人もいます。

「人を助ける立場の人間がトレーニングしなくて上司だからといってトレーニングしなくてもいいのか」とわたしは思いますね。

もちろんみんながみんなそうではないです!!!

年配の方でも毎日トレーニングしている人も多くいます!

トレーニングする人としない人の違いは「体力」ではなく「意識」の差だと思います

わたしは身体を鍛えることも仕事だと思っています。

なぜなら体力や筋力を必要とする仕事なので。

こういった意識や考え方の違いがその人のやる気の差につながると思います。

消防士は筋肉ムキムキの人が多い?

そんなに筋トレしているなら筋肉ムキムキな人が多いの?気になる方もいると思います。

わたしも消防士になる前はかなり気になっていました!

実際消防士になってわかりましたがムキムキな人が多いということではないです!

むしろ少ないかもしれません(笑)

もちろん所属によって違いますが、わたしが配属され勤務先はそうでした。

自分から進んでトレーニングに励んでいる方の身体はすごいです。

でも、みんながみんなそうではないので皆さんが想像しているより、もしかしたら「普通」かもしれません!

周りに消防士の方がいたら聞いてみてください^^

【スポンサーリンク】

消防士は体格が大きくなければだめ?

消防士は筋肉がムキムキなイメージがあり、それに加えて体格が大きい人ばかりだと思っている方も多いと思います。

ですが、もちろん身長が小さくて小柄な方もいますし、体格が良くなければだめということはありません。

要は、仕事をこなせる体力と、自分の命や助けを求めている人を守れる体力があれば問題ないと思っています。

これから消防士を目指している方は体格に悩まなくても全然大丈夫です!

その分トレーニングを頑張りましょう!!!

消防士が主に行っている筋トレは?

消防士がどんな筋トレしているか気になりますよね。

詳しい内容につきましてはまた別の記事にして作ります。

ここではざっくりと紹介します^^

1.懸垂

消防士はかなり懸垂をしています!

採用試験にも懸垂は取り入れています。

ということは言うまでもなく大切な筋トレ種目になりますよね。

懸垂は背中や腕だけではなく、肩・胸・腹筋など全身をより効果的に鍛えられます。

全身を鍛えれる最強の自重トレーニングといっても過言ではないです!

2.腕立て伏せ

腕立て伏せはかなりやらされますね(笑)

特に消防学校にいるときは、人生で1番腕立て伏せをするのではないかと思います(笑)

何か不備やミスがあれば「腕立て伏せ10回!!!」といった感じです。

もちろん共感も一緒に腕立て伏せをしますので気まずさもあります…。

腕立て伏せも腕や胸のほかにも腹筋や体幹も鍛えることが出来ます。

3.ランニング

ランニングや休みの日にすることが多いです。

やはり体力が必要な仕事なので自己鍛錬を怠ってはいけません。

ランニングで体力だけでなく精神面も鍛えることが出来るのでおすすめです!

まとめ

今回は消防士の筋肉やトレーニングについてお話ししました。

消防士はみんながみんな筋肉ムキムキではないということです。

しかし、ある程度一般人よりは筋肉は絶対に必要だと思います。

消防士は人を助けるという大事な仕事もあります。

体力・筋力をつけておいて損はないです。

消防士を目指している方はしっかり鍛えましょう!

「でも何をすればいいかわからない」という方は懸垂・腕立て伏せ・ランニングを行ってください!

確実に筋肉も付きますし、精神面も鍛えられます!

身体を鍛えて地域の人に安心してもらえるような消防士を目指してください^^

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です