勤務中の食事が気になる!消防士はどのようにしているのか解説!

The following two tabs change content below.

ととちゃん

田舎の元消防士ブロガーです。消防士としての経験や副業、ビジネスについても発信している個人ブログです。少しでも皆様にとって有益な情報になればと思っています。

消防士って勤務中のご飯どうしているんだろう、何食べているんだろう?

気になる方もいると思います。

毎回作っているのか、それともコンビニ飯?

今回はそんな消防士の勤務中の食事について解説します!

勤務中のご飯は毎回3食作っているの!?

消防士は毎回3食ご飯を作っているのか気になる方もいると思います。

わたしが所属していた消防署は夜だけ作っていました!

作るとしたら夜だけという所属が多いと思います。

また各隊によっても違います。全く作らない隊もあります。

ちなみに勤務の日の朝は自宅で食べます。

昼食は家から持ってくるか出前かのどちらかです、作ることはほとんどありません。

そして夜は作るか自宅から持ってくるかのどちらかです!

消防士は決まった時間に食事をしているの?

消防士も勤務中にご飯はもちろん食べています!

ご飯を食べなきゃ力が出ませんよね。それだと人を助けることは出来ませんし、災害に備える準備すらできないと思います。

ダイエット中で少量しか食べない消防士がたまにいますが、やはりその方たちは訓練の段階で結構疲れています。

訓練後に災害が起きたらどうするんでしょうね、恐ろしいです。

たとえダイエット中だとしても、勤務の日はしっかり食事を摂ることを強くオススメします!

助けを求めている人を救うためにも、何より自分の命を守るためにもしっかり食べてください!

それくらい食事は大事なことだと思っています。災害に備える重要な準備作業です。

それに加え、災害はいつ起こるかわかりません。

朝方に来るかもしれませんし、夜中またはご飯を食べる前にくるかもしれません。

その点、消防士は決まった時間にはご飯は食べることが出来ません。

いつ出動要請がかかるかわからないので決まった時間に食べることは出来ないのです。

要請がかかったら必ず出動しなければいけません。

もちろんそれが食事中だろうと仮眠の時間だろうと関係ありません!

一目散に要請現場に向かうのです。

消防士はどんな料理を作っているの!?

基本的に勤務のメンバーの中で1番若い人が料理を作ります。

献立を自分で考え、前の日に買い物を済ませておきます。

いつ出動になるのかわからないので基本的には簡単に出来る料理を作るようにしています。

また、ごはん時に出動になったことを想定して、帰ってきたときに温めて食べれるような料理を作っています。

例えば・・・

簡単に作れる料理

カレー・シチュー・ハヤシライス・オムライス・うどん・そば・麻婆豆腐・野菜炒め・豚キムチ・豚丼・牛丼・肉豆腐・生姜焼き・鍋料理・パスタ・炊き込みご飯
少し手の込んだ料理

唐揚げ・チキン南蛮・とんかつ・豚の角煮・餃子・ハンバーグ・トンテキ

わたしは上記の料理を作っていました!

これに加えて白米・味噌汁・サラダは毎日準備していました。

健康第一に意識し、バランスが偏らないように気をつけていました!

上記のレパートリーを見てわかる通り、魚料理はほとんどありません。

作るのに手間がかかりますし、なによりも片づけにも時間がかかります。

片づけの事も考えて料理を作っているのです。

また、メニューに悩むこともあったので私は料理本を2冊買って参考にしていました。


世界一美味しい手抜きごはん 最速! やる気のいらない100レシピ

上記の本はすごい簡単なのにおいしく作れる料理がなんと100品この本の中に詰め込まれています。

全レシピに材料、手順の工程が写真付きで載っているのでわかりやすくマネして作れます。

忙しい消防士でも時間短縮で作れるの間違いなしです。


世界一ラクチンなのに超美味しい! 魔法のてぬきごはん

 
2冊目はこちらです。1冊目と似ておりますが、かんたん・楽チンを重視が絶対におすすめです。

こちらの本は主な食材は5つまでで面倒な工程はありません。

いつでも現場に出動できる準備をしなければいけない消防士にはぴったりの本です。
 
料理にあまり時間をかけるべきではないので簡単にパパっと作れるのがおすすめです。

正月はどうしているの?

正月も料理を作っています!また正月ということもあって少し豪華です(笑)

オードブルを予約し、そばを作っていました!

しかし、豪華だとしても正月に勤務ということもあって少し虚しいです…。

わたしは正月は家でのんびりテレビを見ながら食べたいというのが本音でした(笑)

でも、消防士はこれが仕事です。文句など言ってられません。

もしこのような体制が嫌なのであれば辞めるか、消防本部勤務、日勤勤務になるしかありませんね。

消防士は料理が上手でなければいけないのか

勤務中のご飯は若手消防士が作るということが分かったところで新たな疑問が出てきたはずです。

「じゃあ消防士は料理が上手じゃないとダメなの!?」と…。

答えはNOです。

やはり人間ですので得意・不得意があります。

得意であればそれでいいです。それが料理の時短にもつながると思いますし得することが多いです。

しかし不得意でも仕方ありません。

いっぱい料理を作って慣れていくしか方法はありません!

料理の手際が悪いと「遅い!」「早くしろ!」「いつまで作ってんだ!」など言ってくる上司がいるかもしれません。

わたしの場合はなかったですが、同期やほかの方からそんなことを聞いたことがあります。

「そんなこと言うなら勝手に作ればいいのに。」と思うかもしれません。

しかし、料理を作るのは若い消防士が作る仕事です。

上司に料理の事を言われたくないのであれば、練習するしかないですね。

でも、そんなこと言う上司はどうなんだろう。てわたしは思います(笑)

まとめ


いかがでしたか?今回は勤務中の食事についてお伝えしました。

もちろんですが、勤務中もご飯は食べていますし、健康的な食事を心がけています。

・消防士は勤務中の食事は決まった時間に食べれない日があるということ

・若手消防士が料理を作る

これが消防士の実態です。

消防士はいつ出動要請がかかるかも分からないですし、それに仮眠時間も短かったりと決して健康的な生活リズムとは言えません。

でも、それを少しでも補えるのは食事だと思っています。

消防士の仕事は人を助ける他にも多くの業務があります。

料理を作るのも業務の1つだと思います。

消防士を目指す方は料理を少しでも練習するのもいいかもしれませんね!

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です