糖質制限ダイエットは辛くない?!糖質制限するとどうなるのか徹底解説!!

“糖質制限ダイエット“というワードを耳にしたことはあるけれど、

詳しくはわからないという方がほとんどだと思います。

糖質に対してある程度の知識がないと糖質制限ダイエットを成功させることは難しいです。

そんな“糖質制限ダイエット“について詳しくご説明します!

糖質制限とは?糖質を制限するとどうなるの?

糖質制限とはダイエットをする人のために作られたダイエット方法ではなく、元々は糖尿病患者に向けて作られた食事療法とされています。

糖質を制限することで減量が出来るのはもちろん、体質改善にも効果的だったということでダイエットで糖質制限をする方法に人気が集まったようです。

糖質を制限すると血糖値の上昇を抑え、内臓脂肪を分解してエネルギーに変換してくれます!

その結果痩せやすい体質になるということです!

ですが、糖質制限ダイエットは誰でも痩せやすい体質になるというものではありません。

日本糖尿病学会が行った研究発表で、糖質制限ダイエットをした肥満の人は減量効果が目に見えて分かりました。

一方普通体型に近い肥満の人はなんとなくの減量効果が出ました。

ですが一般体型や痩せ型の人は糖質制限ダイエットをしてもほとんど減量効果は出なかったとされています。

糖質制限ダイエットの正しいやり方とは?

糖質制限ダイエットとは、糖質を全く摂らないというものではなく、“糖質を制限する“ということが糖質制限ダイエットの正しいやり方になります。

糖質制限ダイエットには2種類の方法があります。

1つ目は“3食抜き“の方法です。

3食抜きの方法とは、朝ごはん・お昼ごはん・夜ご飯のご飯を抜く方法になります。

“ご飯を食べずに断食する“ということではありません

あくまでも、糖質の多いご飯やパン、麺などを抜くということです。

もちろんご飯に限らず糖質の多い食品は口にしないことです。

3食抜きの方法をする時の糖質摂取量の目安は1食あたり10~20g、1日あたり30~60gです。

この糖質制限ダイエットは非常に効果が現れやすい方法なので大事な予定が迫っている時などに

おすすめのダイエット方法になります。

2つ目は“2食抜き“の方法です。

3食の内どれか2食のご飯を抜く方法になります。

1食は基本的に何を食べても良いのですが、1日の糖質摂取目安として70~100gが理想的です。

糖質制限ダイエット中は栄養が偏りがちになってしまいます。

そのため、魚介類やお肉、豆腐やチーズなど高タンパクで脂質が豊富な食品を食べることで栄養の偏りが改善されます。

そして、ダイエット中に起こりがちな肌荒れもしにくくなります。

小腹がすいた時は少量のナッツ類を中心に食べると小腹を満たすことができるだけではなく、

体に良い油を自然に摂取することができます。

しかしナッツ類はかなりおいしいため、ついつい食べがちになってしまいます。

どんな食べ物も食べすぎには注意が必要です!!!

日常的に口にしている食品の糖質ってどのくらい?

糖質制限ダイエットに控えた方が良い食品はご飯やパン、麺はもちろんイモ類やバナナ、

りんごなどの糖質の多い食品は極力控えた方が良いです。

日常的に口にしている食品のカロリーであればなんとなく把握している方は多いと思います。

がしかし、糖質のgを把握している方はどうでしょう…。

よほどのことでない限り、糖質量なんか覚えませんよね。

ちなみに糖質制限ダイエットをしている時の糖質摂取目安量として30~100g程と言われています。

しかし、糖質のgを知らないとあっという間に超えてしまいます。

日常的によく口にするご飯は100gで36.8gもあります。

ご飯の100gは小さいお茶碗軽く1杯程です。

丼ご飯やお茶碗2杯のごはんを食べたら既に約80gの糖質を摂取しています。

そして朝ごはんに食べることの多い食パン(6枚切り)の1枚切りは約糖質26.5gです。

厚さのある4枚切りの食パンの場合2枚食べると約80gの糖質を摂取しています。

また、これは“食パンのみ“の糖質のgになるため、ここにジャムや具材等を乗せると

当たり前のことながら摂取する糖質が多くなります。

そして食欲のない時や暑い時、つるっと食べたい時にぴったりなうどんは1玉あたり41.6g、

パスタ(乾麺)は100gで69.5gと非常に糖質が多いです。

糖質制限ダイエット中に3食または2食のご飯を抜くことでこれらの糖質を抑えることができます。

糖質量の少ない食品には・・・

・こんにゃく・豆腐・油揚げ・納豆・枝豆・オクラ・きゅうり・ブロッコリー

・ほうれん草・きのこ類・海藻類・魚介類・肉類・卵類・チーズ・バター

・生クリーム・塩コショウ・醤油・味噌など

「がっつりと食べたい!」という時は野菜とお肉が豊富に摂れる水炊きにすると栄養バランスが良く、お腹が満たされるだけではなく、糖質も抑えることができます。

ちなみに、砂糖やはちみつは糖質が多いので調理する際は糖質が抑えられている砂糖やはちみつを

使用すると、味はそれほど変わらないのに糖質をある程度抑えることができます。

糖質制限ダイエット中に気をつけること

『ダイエットをする!』と決めて始めるころには、なにかと自分に厳しくなりすぎ、食事を制限しがちです。

ストイックになり過ぎないこと糖質制限ダイエットでは大切になります。

ストイックに糖質制限をしてしまうと体調を崩してしまう原因になるので、その日の体調に合わせて糖質を制限したり、ゆるーく糖質制限をしながら適度な運動を取り入れる。

過度な糖質制限をしないことがダイエットの成功はもちろん健康維持にも大きく影響します。

【スポンサーリンク】

糖質制限ダイエット中でも食事が楽しみになるメニューをご紹介

糖質制限ダイエット中は「糖質が少ない食品を…」

「糖質が多いからこれは食べることができない…」ということで頭がいっぱいになってしまいがち…。

人間の三大欲求でもある“食欲“を満たすことが出来ずストレスが溜まりやすい状態になり、

かえって“ストレス太り“してしまう可能性があります。

糖質制限ダイエットをしているのにストレス太りをしてしまってはダイエットの意味が全くありません。

糖質制限ダイエット中でも食事を楽しむことができる糖質制限メニューは沢山あります。

誰でも美味しく簡単に作れるメニューをいくつかご紹介します。

・味良し!作るのも簡単で腹持ちも良いおからパン

・朝食にピッタリ!定番のハムエッグ

・濃いものが食べたい時にピッタリな豆腐ステーキ

・朝ごはんを軽く食べたい時におすすめなアボカドのオリーブオイルかけ

・みんな大好き、お肉も野菜も摂取できるしゃぶしゃぶ

このように糖質制限中でも様々なメニューを食べることができます。

最近では低糖質食品や、糖質制限メニューなど様々な店舗で売られています。

ですので糖質制限ダイエット中でも辛い思いせず楽しみながら食事をすることが出来ます。

今日では糖質オフスイーツやジュース、ゼロカロリーシロップなどスーパーやネットにもたくさん売らています。

これらを活用し、楽しく!無理なく!ダイエットに励みましょう!!!

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です